TOP > 研究開発プロジェクト

研究開発プロジェクト


次世代車載セキュリティ 

 

共同研究
株式会社オートネットワーク技術研究所


NCESの次世代車載向けセキュリティ対策技術に関する研究を行っています。本プロジェクトでは、車載LANを中心とする車載制御システムの特徴を生かした対策技術を発信していくことを目指しています。

 

説明(PDF)

関連論文

車載データ統合アーキテクチャ



自動車の安全性や快適性を高めるために、プリクラッシュセーフティや自動駐車支援などの様々なサービスが提案されています。本研究では、それらのサービスに必要な様々なデータを統合管理するアーキテクチャを開発し、プラットフォーム化をさらに進めます。

 

説明スライド(PDF)

関連論文

enPiT「分野・地域を越えた実践的情報教育協働ネットワーク(education network for Practical information Technologies)」事業


OJL(On the Job Learning)を中心とした、基本コース(主に修士課程1年生を対象)と発展コース(主に修士課程1・2年生を対象)を実施します。

 

enPiT詳細についてはこちら

 

コンソーシアム型:

車載制御システム向け高品質プラットフォーム開発


参加企業
アイシン・コムクルーズ(株)、イーソル(株)、(株)ヴィッツ、(株)永和システムマネジメント、SCSK (株)、(株)OTSL、オムロン オートモーティブ エレク トロニクス(株)、(株)サニー技研、(株)ジェイテクト、スズキ(株)、(株)デンソー、(株)東海理化電機製作所、(株)東芝、(株)豊田自動織機、(株)豊通エレクトロニクス、日本電気通信システム(株)、パナソニック(株)、パナソニック アドバンストテクノロジー(株)、富士ソフト(株)、富士通テン(株)、マツダ (株)、矢崎総業(株)、ヤマハ発動機(株)、菱電商事(株)、ルネサス エレクトロ ニクス(株) (五十音順)

 

NCESがこれまでに実施した、AUTOSAR OS仕様をベースとした次世代の車載組込み システム向けのRTOS仕様の実装、検証スイートの開発を踏まえて、グローバルに 有力な車載制御システム向けのソフトウェアプラットフォーム(SPF)の研究開発 を行います。具体的にはRTOSの機能安全規格対応やBSWモジュールの開発、RTE ジェネレータの拡張とインテグレーションの研究開発を行います。 開発した外部仕様と実装成果については、TOPPERSプロジェクトより公開する予定です。

 

説明スライド(PDF)

 

SpaceWire OS


共同研究
JAXA

 

次世代宇宙機向け通信ネットワーク規格として採用が始まっている、SpaceWire のリアルタイム性保証手法の研究を行い、それをサポートするソフトウェアプラットフォーム( SpaceWire OS ) の開発を行っています。さらに、JAXAとの協力協定に基づいて、スペースソフトウェアプラットフォーム研究開発拠点を設置し、SpaceWire OSの普及を目指します。

 

説明スライド(PDF)


>>SpaceWire OS公開ページ(準備中)